IMG_6229-2_original

同じ釜の飯を食べ、町について語らう新しいかたちの「オンライン移住ツアー」

網走・美幌
オンラインツアー・美幌町
一人の疑問はみんなの疑問。雪はどれくらい積もる?マイナスの寒さってどんな感じ?仕事はあるの?学校は?スーパーは?など、移住に関する気になるあれこれを、Zoomを使ってライブ配信されるオンラインツアーで語らう移住ツアーが開催されている。

参加者には事前に「同じ釜の飯」として美幌のご当地グルメと美幌町を紹介するパンフレットが送付されてくる。ツアー中に「同じ釡の飯」を一緒に食べることでまるで生活を共にしているかのような空間ができあがり、より打ち解け合えるツアーとなる。

美幌町を愛し美幌町に住む現役美幌町人がガイド&レポーターとなってツアーを盛り上げる。美幌町や移住に興味がある人はぜひ次回開催されるツアー参加のご検討を。
Photo
Information

美幌町観光まちづくり協議会

住所:美幌町仲町1丁目44番地 経済センター2F
電話:0152-73-5251
Share
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email

あなたにおすすめの記事

「屈斜路プリンスホテル」敷地内でグランピングワーケーションを実施

阿寒摩周国立公園内にある屈斜路プリンスホテル敷地内のガーデンにあるグランピング施設に、大自然を身近に感じながら働ける……
No.
11

景色・お土産・グルメまで。オホーツクブルーに染まる「流氷観光」

オホーツク海を望む港町網走には、毎年冬になると流氷が到来し海が氷で埋め尽くされる。この真冬の絶景が眺められる網走には……
No.
10

地域に根差したユニークなメンバーで結成。「知床スロウワークス」

2015年の総務省ふるさとテレワーク実証事業をきっかけに、「テレワーカーの方々に快適な環境を提供し、斜里町の魅力を伝え……
No.
09

温泉宿から行く「雲海ツアー」で幻想的な雲の上の世界を体験

雲海の発生率が高いことで知られる弟子屈町。摩周湖や屈斜路湖にかかるシルクのような雲海は大変美しく、その姿を……

十勝の大自然と街を旅するホテル「HOTEL NUPKA」

アイヌ語で「原野」を意味し、「ホテルで街をつくる」の考え方のもと、2016年に帯広に誕生したコミュニティ型ホテル……

2600人の小さな村で暮らす旅鶴居村でおすすめしたい「農泊」

鶴居村は釧路湿原に囲まれた人口2600人ほどの小さな村。気軽に行ける場所とは言い難いが、ひがし北海道の拠点都市である……