プロジェクト_ヌプカ_2

十勝の大自然と街を旅するホテル「HOTEL NUPKA」

帯広・十勝
事業・法人・ホテル
アイヌ語で「原野」を意味し、「ホテルで街をつくる」の考え方のもと、2016年に帯広に誕生したコミュニティ型ホテル「HOTEL NUPKA(ホテルヌプカ)」。 廃業したホテルをフルリノベーションし生まれたHOTEL NUPKAは、地域の風景になっていたタイル張りの外観をそのままに、時代性に左右されないシンプルで温かみのあるデザインで街に溶け込んでいる。1階のカフェ&バーはホテルのゲストだけではなく地元の人も気軽に入り、利用している。

今や「ホテル」としてだけではなく、全国、世界から訪れる人々が、壮大な十勝平野の自然・食・文化を感じ体験できる場、そして地元の人々にとっても旅行者と十勝に暮らす人々が集いゆるやかにつながることができる場となっている。

2020年には帯広市、 第一生命、 HOTEL NUPKAを運営する十勝シティデザインの三者が帯広市におけるワーケーション等の推進に基づく関係人口創出・拡大に向けた連携協定を締結し、より一層の地域活性化に取り組み進化する注目のホテルだ。
Photo
Information

HOTEL NUPKA

住所:帯広市西2条南10丁目20-3
電話:0155-20-2600
アクセス:JR帯広駅より徒歩5分
Share
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email

あなたにおすすめの記事

「屈斜路プリンスホテル」敷地内でグランピングワーケーションを実施

阿寒摩周国立公園内にある屈斜路プリンスホテル敷地内のガーデンにあるグランピング施設に、大自然を身近に感じながら働ける……
No.
11

景色・お土産・グルメまで。オホーツクブルーに染まる「流氷観光」

オホーツク海を望む港町網走には、毎年冬になると流氷が到来し海が氷で埋め尽くされる。この真冬の絶景が眺められる網走には……
No.
10

地域に根差したユニークなメンバーで結成。「知床スロウワークス」

2015年の総務省ふるさとテレワーク実証事業をきっかけに、「テレワーカーの方々に快適な環境を提供し、斜里町の魅力を伝え……
No.
09

温泉宿から行く「雲海ツアー」で幻想的な雲の上の世界を体験

雲海の発生率が高いことで知られる弟子屈町。摩周湖や屈斜路湖にかかるシルクのような雲海は大変美しく、その姿を……

十勝の大自然と街を旅するホテル「HOTEL NUPKA」

アイヌ語で「原野」を意味し、「ホテルで街をつくる」の考え方のもと、2016年に帯広に誕生したコミュニティ型ホテル……

2600人の小さな村で暮らす旅鶴居村でおすすめしたい「農泊」

鶴居村は釧路湿原に囲まれた人口2600人ほどの小さな村。気軽に行ける場所とは言い難いが、ひがし北海道の拠点都市である……